Mintson Run Blog

日々のトレーニングをまとめてます。

エコ不安とは?環境問題でエコ不安になった人の対処法?

今日は、地球の環境について記事を書いていきます。

SDGsを促進する企業や団体が増えて、それについて勉強をしてエコ不安になられた方について語ります。

 

・エコ不安とは?

気候変動の未来予測や昔と今の環境比較のデータを見た後に未来に対して不安になることによって、エコ不安になります。

ツイッターなどでそのような発信をしているtweetをフォローや言い値をすることによって、アルゴリズムにより、地球の未来は明るくないようなものしか見えません。

これにより、長期的な不安が持たされてしまいます。

・エコ不安にならないためにどうすればいいのか?

誰しもが未来に対して不安です。

僕は受験生で来年の共通テストに向けて勉強しています。
良い成績が取れなくて、Fラン大学に入ってしまったらどうしようなんて思う人もいるでしょう。

未来を考えることは重要ですが、不安に陥りやすくなります。

僕は、今ここしか意識しないようにしています。

来年の共通テストを考えると不安だけど、今勉強すればよい成績を撮れることが分かっています。

エコ不安に陥っている人は、未来に対しての不安。
今のままではいけないことは数々のデータで分かっています。

その解決方法は研究者が模索している段階で、本質的な気候変動の原因がわかっていないことがほとんどです。

関わる要素が多すぎるので、どの政策が有効なのか?
地球の気候変動を止められるのか?
未知の領域なのです。

エコ不安になった人は、今この段階でできることを模索することを考えたほうがよいと思います。

研究者になって、地球を変えていく方針を考えてもよいし。
排気ガスを出さない車を作ったり、気候変動の原因をどのように排除するようにできるのか考えたほうが、未来を考えて不安になるよりはましです。

危機感は人を動かす動力があります。
研究者になろうと思う気持ちがあれば、多少の努力で何とかなると思います。

自分の頭の中で、エコを考えても世界に何も変動しません。

・不安の解消法は?

今を見ることを先ほど教えましたが、できない人は当然いるでしょう。

なので、瞑想をお勧めします。

瞑想は、呼吸に意識を向け、今この時を感じ取ることができ、集中力や不安を解消することができます。

僕は、過去と未来に関して考える時間は必要だと思います。
けど、それに時間をかけすぎるのはよくないです。

過去の公開を反省して、未来の大まかな目標を決めるのはそんなに時間がいらないと思います。

時間をかけたほうがよい場所は、今この時に何をしたほうがよいのかだと思います。

最近ではSDGsを促進する団体が増えて行って、社会がエコの方向に向かったと思います。

個人が変わっても何の意味がありません。

環境問題は、全人類が大まかな方針に沿って、ちゃんとデータを提出して、何をすれば本当に地球の為になるのかを分からなければ、誰も環境の為に頑張れません。

それは、あんたの感想ですよね。
と言われないようにちゃんとデータを分析したり、実験できるようになりましょう。

エコを語るには勉強が必要なので、勉強しましょう。
※受験が終わったら、僕も環境について考えてみたいと思います。