Mintson Run Blog

変わり続けることを変えず、 作り続けることをやめない

【中国語で作文を書く】大学受験の模試/国語作文/「心目中理想的家」

【まえがき】

今日は、この前の模試で書いた中国語の作文を上げます。

 

僕は、台湾で大学受験をするので、日本語ではなく中国語です。

【本文】

近年來,台灣的薪水沒有大幅的成長,但房子的價格、電費等基本開銷的費用都上升不停。使年輕人無法擁有自己的家。每個月的薪水的二分之一都給房東的社會現象。

在疫情的期間,對於家的想法有一點改變。限制國外的旅客到來台灣的原因使飯店的收入大幅的降低。這個時候,有幾家公司把房間以月租的方式出租。因此,在外面跟房東租房的價格都差不多。租房飯店還有一些有點在於不需要繳電費及水費,所以都不用擔心能源的價格漲幅,還會有家具供應你使用。

我對於『家』的感受是或到家時可以感受到安全、舒服。這種的形式可能是租車、租飯店、租電器產品。時代的改變使民眾的想法也改變了。買房不一定給你安全感或幸福感。心目中的理想的家的定義是自己所下決定的,不要以別人的價值觀影響。人生還很久,就慢慢的尋找心目中的家。

【翻訳】

理想の家

近年、台湾の給与はそれほど上がっていませんが、家賃や電気代などの出費は常に上昇しています。 そのため、若い人たちが自分の家を持つことは不可能になってしまった。 月給の2分の1が大家さんに渡されるのは社会現象である。

コロナが流行する中で、家というものの考え方が少し変わってきました。 台湾への外国人観光客が制限されたことで、ホテルの収入が大きく落ち込んだ。 この頃、数社がサブスクで部屋を貸していた。 その結果、ホテルで借りるのと大家さんから部屋を借りるのと同じような値段になった。 また、電気代や水道代がかからないので、エネルギー価格の上昇を気にする必要がなく、家具も無料で使えるというのも、ホテルを借りるメリットだと思う。

私の考える「家」とは、到着したときに安心してくつろげることです。 レンタカー、電化製品のレンタルなど、さまざまなサブスクが増えています。 時代が変わり、人々の意識も変わりました。 住宅を購入したからといって、必ずしも安心感や幸福感が得られるとは限りません。 理想の住まいの定義は、誰かが決めた価値観ではなく、自分で決めるものです。 人生は長いので、じっくりと理想の住まいを見つけたいと思います。

【あとがき】

今回の作文の点数はそれほど高くはなかったので、時間に向けて、また改善していきたいと思います。

 

改善点

・字をきれいに書く

・文章の構成